2017年01月12日

問8・ 神が愛ならどうしてこの世に不幸があるのですか?

これは「苦難」に関する問題で、昔から宗教家や哲学者達がこの難問に取り組んできました。ただ言えることは実際に苦しんでおられる方にとって知的な理解だけでは解決にならないということです。聖書にでてくるヨブという人は人格的にも信仰的にも立派でした。しかしその彼が苦難にあいます。一夜にして財産、子供を失い、更に業病に襲われ苦しみます。この理不尽な苦しみに対して彼は「なぜ自分が苦しまねばならないのか」と神に訴えます。そして長い試練の後、ついに夜明けを迎えるのです。生ける神に出会う経験をするのです。このとき、彼の疑問は、それが答えられたというより、その疑問の心自身が溶かされ、疑問そのものが消え去ります。こうして彼はこの世における苦しみの謎を、神ご自身の解決にまかせることができたのです。そしてもう一つお伝えしたいのは、人生の矛盾を経験するとき単に理屈では解決できません。不公平だと思う人生を歩んで来られた方にお勧めしたいのです。あなたは人生そのものに絶望しておられるかもしれませんが、イエス・キリストというお方を紹介したいのです。神の御子であるにもかかわらず、その生涯は矛盾の連続でした。神の御子なのに馬小屋で生まれ、罪がないのに罪人として裁かれ、その生涯全体が全人類の罪の責任を身代わりに負う苦しみの連続だったのです。そして救いの道を開いてくださったのです。もしあなたが、最愛の人を失い、人生の矛盾に苦しんでおられるなら、どうかイエス・キリストを知っていただきたいのです。そこに単なる教えや悟りではなく真の救いがあるでしょう。

 

posted by kbccQandA at 11:20| キリスト教