2017年01月12日

問5・ クリスチャンは神を信じていると思いますが、それは古 い時代の考え方で、元々「神」は人間が考え出した思想 ではないでしょうか?

この世には二つの神が存在します。一つは人間が作った「神々」です。その背景には人間が何らかの救いを求める願いというのがあり、それに応じて様々な神々が作られてきました。社
にまつられたり、人間の技巧で偶像が作られ、拝まれたりします。
あなたが言われている人間が作った思想ではないかというのもこの点からうなずけるのです。しかし聖書が教えている神は、人間を造られた神です。つまり天地万物の創造者である神なの
です。人に命を与え今もあなたを生かしておられる神なのです。
「人間が作った神」と「人間を造られた神」…この違いは極めて大きなものです。そうは言っても簡単に神を信じ得ないものを人間は持っていますが、だからといって神の存在を一笑に付してしまうことだけは避けたいと思うのです。


posted by kbccQandA at 14:14| キリスト教

問6・ 神の存在をどの様にして知ることができますか?

芸術家がそこに存在していなくても、その作品から作者である芸術家の存在を信じることができます。それと同じように、神は御自分の存在をその作品に示しておられます。神の作品とは
壮大な宇宙であり、美しい自然であり、生物であり、そして人間です。この宇宙を見つめるときだれもがその壮大さ、緻密さ美しさに心打たれます。更には星々は整然とした法則をもって運行し、木々や花々は季節に従って美しく営まれています。この宇宙や自然が、偶然で存在したとするなら、この見事な法則通りに動く姿を偶然だけで説明できるでしょうか。聖書はこう語っています。
「神について知り得ることは、彼ら(人間)に明らかです。それは神が明らかにされたのです。神の目に見えない本姓、即ち神の永遠の力と神性は、創造されたときからこのかた、被造物(天地万物)によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです」(ローマ1:19.20)

posted by kbccQandA at 13:15| キリスト教

問7・ 私はキリスト教の教えには素晴らしいものがあると思い ますが、目に見えない神がおられるということがどうし ても信じられないのですが…

私はあなたのご両親にお会いしたことは一度もありませんがご両親の存在を信じています。あなたが存在しておられることがご両親の存在を証明する何よりの印です。確かに目に見えな
い神の存在を信じなさいと言われても、人は容易に信じ得ないものを持っています。無限の神が有限な人間に理解できるはずはないのかもしれません。しかし神は有限な人間に神を知ることができる道をお示しになりました。それがイエスキリストです。
聖書にこうあります。
「いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神(キリスト)が、神を解き明かされたのである」
(ヨハネ1:18)
posted by kbccQandA at 12:17| キリスト教